読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What we talk about when we talk about Technology

技術について語ります。

AudioConverterServiceでリニアPCM→AppleLossless

基本的にはMP3→リニアPCMの変換と同様だが、以下の変更点がある。

・マジッククッキーに対応する。
AppleLossless形式のファイルからの伸展、AppleLossless形式のファイルへの圧縮にはマジッククッキーと呼ばれるものが必要となる。
伸展の場合にはオーディオファイルからマジッククッキーを呼び出し、AudioConverterにセットする。
圧縮の場合にはAudioConverterからマジッククッキーを取得し、オーディオファイルにセットする。

・変換後のパケットサイズの計算が異なる。
AppleLossless形式はビットレートが不定のVBRであるため、変換後のパケットのサイズはまちまちの値になる。
そこで取得可能性のあるパケットサイズの中で最大のものを利用して、最大パケット数を計算する。

・ASPDを用意する。
VBR形式であるため、ASPDが必要となる。